ブラインド ラック - ポリア - ホグワーツの遺産 (ビデオ ゲーム) [私たち自身のアーカイブ] (2023)

彼女は病院棟までずっとギャレスを罵った。グリフィンドアの最新の実験が文字通り彼女の顔面で爆発した後、教室は死の静寂に包まれた。シャープ教授は…心配していたようですが、あまりショックを受けていませんでした。明らかに、そのようなことは以前にも起こっていました—特にギャレスがホグワーツで勉強し始めてからです。彼としては、少年はひどく後悔しているように見えた、あるいは彼女のことで心配しているときにそう言った。彼女は、彼の後悔の少なくとも半分は、彼が予期しなければならなかった過酷な拘留によるものではないかと疑っていた。もし彼女の目に受けた損傷が永続的であることが判明した場合、おそらくさらに悪いことが起こるだろう。

恋人であるセバスチャンとナッティに寄りかかりながら、彼女は城の中を進んでいたが、二人とも一緒に行くと主張していたので、他には何も考えられなかった。彼女には目が見えなかったなんでも。彼女が最後に見たのは、ギャレスがくすぶっている大釜で、カタツムリの殻の特定の部分が溶けていく様子を指差していたところだった。その後、緑が大きく光り、次に黒くなった。彼女は一瞬気を失ったのかと思ったが、目が開いていることに気づいた。彼らが看護師のところに着くまでに、彼女の心臓はまだ非常に高鳴り、病気になるのではないかと思ったほどでした。

「まあ、彼女は盲目なんですけどね」と看護師のブレイニーはいくつかのおまじないをした後言った。

"どう思いました?嘘をついていたなんて!?」

"私はこれから絞るギャレスのやせ細った小さなネックは――」

「口には気をつけろよ、ミスター・サロウ」

"あなたはできる修理する?」ナッティは、これまで聞いた中で最も礼儀正しくイライラした声で尋ねた。

何が原因なのかについて長い議論が続き、そのためにシャープ教授をそこに連れてくる必要があったが、シャープ教授は恥ずかしいことに、生徒たちが何をしているのか正確に把握していなかったので、次にギャレス教授も何が原因なのかよくわかっていなかった。ポーションで起こったことだが、少なくとも使用した材料をリストアップすることはできた。

その間ずっと、彼女は静かにそこで待っていました。周囲の声、近くからも遠くからも響く足音、そして緊張した不安そうな会話を聞いていました。彼女をどうするか決める間、看護師は彼女を隅のベッドの一つに寝かせていました。ナッティとセバスチャンは彼女のそばにいて、彼女が黙るように言わなければならないまで、彼女を治すためにどのような薬を作ることができるかについて口論しました。

その日の授業が終わるまでに、看護師はギャレスの失敗した実験は非常に危険ではあるものの、彼女の視力に長く影響を与えることはないだろうという結論に達していた。ほんの数週間です。

"数週間?!"

「はい、2、3です。運が悪ければ4つ。」彼女ならできた聞く女性は肩をすくめる。

「3週間何をすればいいですか?どうすれば勉強できますか?どうやって-"

「私の記憶が間違っていなければ、視覚障害のある生徒はあなただけではありません。この時期、ゴーント氏がきっとあなたのお役に立てると思います。」

彼女はそれを聞いてひるみました。 「負担にはなりたくないのですが――」

「ナンセンス」セバスチャンが後ろのどこかから言った。 「オミニスなら喜んでやりますよ!」

「そうするよ」少年は言った。彼が部屋に入ってきたことに他の全員が気づいたとき、沈黙が続いた。その音から察するに、彼は彼女の数フィート前に立っていました。

看護師はこの取り決めに満足しており、それは彼女の責任が軽減されることを意味します。シャープ教授は安堵のため息をついた後、彼女の両親に手紙を書いて知らせると約束した。一方、セバスチャンとナッティはうんざりするほど協力的で、その間ずっと彼女を元気づけようと努めました。彼女はそれらすべてを避け、オミニスとのみ談話室に戻りました。

「先に夕食を食べませんか?」腕を組んで病院棟から出て行きながら、彼は静かに尋ねた。

「お腹は空いてないよ」と彼女はつぶやいた。 「……待て、あれはあなた?」

オミニスは笑った。 「セバスチャンをキッチンに行かせて何か持ってきてもらえませんか…彼ならやってくれるでしょう。階段、気をつけてね。」

彼らは一歩ずつ城内を下っていき、長すぎるように感じた後、ついにスリザリンの談話室に到着しました。彼女は自分が彼らのペースを遅らせていることを知っていました、そしてオミニスはそれを否定しませんでしたが、彼はずっと協力的でした—そしてセバスチャンとナッティのようなイライラして大げさで代償的な態度ではなく、ギャレスのような不安な態度でもありませんでした...

オミニスが彼女の状態を心配していても、それを表には出さなかった。湖のように冷たく穏やかで、ホグワーツが建てられた岩のように頑丈な彼は、最初の瞬間から彼女のそばにいました。

セバスチャンが彼らに遅い夕食を持ってくる間の最初の仕事は、オミニスが歩き回っていたエコーロケーションの呪文を学ぶことでした。

「いいえ、下に向けて持たないでください」と彼は彼女の手を導きながら言いました。 「真っ直ぐ進むほうが良い。」

「でも、何かにつまずいたらどうするの?」

「呪文はやがてそれを感知するでしょう。」

「うーん、まだ何も感じてないんですが…」

「ただ…もっと強めにキャストしてみてください。」

より強くキャストしますか?あなたは呪文を教えるのが下手です。セバスチャンを返してほしい。」

「そうですね、セバスチャンはそれを唱えることができません」とオミニスがつぶやいた。

「何がキャストできないの?」談話室に駆け込みながら少年は尋ねた。

彼女はすでにハムとチーズ、冷たいソーセージの甘じょっぱい香りを嗅いでいた。セバスチャンが暖炉のそばのテーブルに皿を置くと、2枚の皿がカチャカチャと音を立てた。そこには彼女とオミニスが立っていた。

「私のエコーロケーション呪文。」

「ああ、そうだね、それはキャストできないよ」と彼は言い、続いてソファにドスンと突っ伏す柔らかなフフフフとした音を立てた。

最初の夜、彼らはあまり進歩しませんでした。彼の杖は彼女の杖よりもその杖の演奏にはるかに慣れていたが、それを学べるという約束のおかげで、その夜、恐怖と怒りで1時間ほど泣き続けた彼女は眠れた。

次の日の目覚めは方向感覚を失っていた。彼女は自分が目覚めているのを感じ、目が開いているのを感じましたが、何も見えないのはとても…非現実的でした。彼女はまたパニックになりそうになった。ダンジョンの中にいるので、朝ですら肌に感じる日光はありませんでしたが、その時、他の女の子たちが部屋を足を引きずって歩き回る音が聞こえました。

イメルダは彼女を洗面所に案内し、その後彼女の着替えを手伝いました。そして初めて、彼女は嫌味なことを言いませんでした。

「かなりの悪夢でしょうね」と少女はおそらく同情的な口調で言った。 「この状態で飛行するなんて想像もできません…」

「はい、そうですね、ありがとうイメルダ、私も無理です…」

階下に来たとき、彼女は再びオミニスの声を聞いて安心した。

「こっちだよ!」

「どうやってそれが私だと分かったの?」彼女は両腕を前に伸ばしながら尋ねたが、それは滑稽なことだったに違いないと彼女は確信していた。

「あなたは独特の魔法のエコーを持っています。」

「私は…?」

「そしてセバスチャンが私に言いました。」

「おはよう」少年は友人の後ろから笑いました。

それでも、数秒以内にオミニスの手が自分の手を握るのを感じたので、オミニスは確かに自分がどこにいるかを探るのが上手だったに違いありません。

"どうやってするあなたはそれをしますか?彼女は尋ねた。

「あなたの声を追っただけです」と彼は微笑んだ。

「私にはどれも同じように聞こえます…」

「今はそう思っているかもしれませんが、最終的には音で距離を簡単に知ることができるようになるでしょう…実際、城全体はこの種のことに非常に優れた音響効果を持っています。」

「あなたはとても簡単そうに感じますね」と彼女は微笑み、今後数週間を生き抜くために学ばなければならないことの膨大さに涙を流した。

「あなたも楽だと約束しますよ」とオミニスは腕を掴みながら、温かい手を彼女の上に置きながら言った。 「オープンフィールド、それが問題になる可能性があります。でも中はここ?すぐに慣れるよ。」

セバスチャンは朝食のために彼らを追ったが、オミニスに説明をさせながら少し離れたところを歩いた。今日は大広間に行くのが、前日のダンジョンに行くよりも少し早かった。彼女はもう少し自信を持って歩いていました…

朝食は音による距離の判断について学びました。

「さあ、やってみなさい」とオミニスは言い、カボチャジュースの入った水差しと空のグラスを彼女に手渡した。

彼は、彼女が液体を注ぐときに発する音(深い音から高い音まで)によって、カップが満たされそうになったことをどれほど簡単に推測できるかを実証したばかりでした。彼女はそれをちょうどいい量で満たしてくれました。

「それはとても良いですね!」

"本当?"彼女はにっこりと笑った。

カトラリーを使って皿の周りを触るのは簡単ですが、食べ物の山に何が入っているかを見つけるのは、彼女の嗅覚にもっと頼っていました…

「ああ、それはお勧めしません。」

「今スプーンで何を拾ったの?」

「どんな匂いがしますか?」オミニスは少し微笑みながら尋ねた。

"マッシュポテト…?"

「そうですね、パースニップのお粥が気に入っていただければ幸いです。」

そして、彼女の皿に食べ物を運ぶのは別の困難でした…彼女があきらめてフォークではなく手で拾う前に、数本のソーセージが転がり落ちました、彼女が何かを切るたびに彼女のナイフが滑り続け、皿の上で大きな音を立てて鳴り続けました、そして彼女の指マスタードソースに複数回着陸しました。

少し試行錯誤し、さらに悪態をついた後、彼女はついに本当に気に入ったものを手に入れることができました。彼女は喜びのあまりうめき声を上げたが、それはセバスチャンのくすくすと笑い声で中断された。

「誰?」彼女は口をいっぱいにして尋ねた。

「何もないよ」と彼は明らかな笑みを浮かべて言った。

「何を持っていきましたか?」オミニスは興味深く尋ねた。

「それは種のケーキだよ」と彼女は弁護的に言った。 「シロップを少しだけ、それだけです。」

セバスチャンは拳の中で笑った。

何?

"なし!"彼は再び言いました。 「ただ…いつもあなたは斑点のあるペニスが嫌いだと思っていました。」

「うわー!」

朝食が終わる頃には、彼女は動揺するというよりも怒りを感じていました。オミニスさんはそれが改善だと考えた。少なくとも彼女はもう泣きそうにはならなかった。一緒に出ていくとき、彼は彼女の肘を手で支えた。学生たちが通り過ぎる音が大きくなると、彼は彼女が自分にしがみついているのを感じた。

"緊張しないで…"

「ああ、ごめんなさい」と彼女は手を緩めながら言った。

「それだけじゃないよ」と彼は笑った。 「あなたの呼吸が速くなり、まるで地面を踏み鳴らしているかのように足音も聞こえました。」

「そんなこと明らかですか?!」

「そうですよ」彼はうなずいた。 「例えば、今私がどんな気持ちだと思いますか?」

騒がしい生徒たちに囲まれ、彼女には分からない方向へ一緒に授業に向かって歩いているとき、彼女は完全に海にいるような気分でため息をついた。そしてオミニスは彼女を試していた。

「わかりません…落ち着いてください。」

"何故ですか?"

「あなたの声は低く、腕はしっかりしています、そして…そしてあなたが話しているとき、私はあなたが笑っているのが聞こえます。」

「それはなかなかいいですね」と彼は笑った。

オミニスが言わなかったのは、彼も彼女のことを心配していて、どれほど役立つか心配しているということでしたこの数週間以内にそうなるかもしれない、ガイドや教師がどれほど優れているのか…彼は、彼の途切れ途切れの口調と長引く沈黙からそれが明らかだと思ったが、それが間違いであることが証明されて嬉しかった。

その日の最初の授業は予想通りひどいものだった。彼らはお守りを持っていましたが、少女は杖の動きの指示にほとんど従うことができず、与えられた卵が指示に従って縮小したり拡大したのかどうかもわかりませんでした。

「杖をどこに向ければよいのか、どうやってわかるのですか?」彼女はイライラしてため息をついた。

「そこでエコーロケーションの呪文が役に立つのよ」とオミニスが横から言った。 「方向だけでなく、奥行きも重要です。何かが自分からどれだけ離れているかということです。」

「もっと練習しなきゃ」と彼女は杖を無駄に振りながら不平を言った。 「アンダークロフト、授業後。」

結局、その日のスケジュールの休憩時間はすべて秘密の部屋で過ごすことになり、オミニスは彼女の前にランダムな障害物を置き、その間彼女は試行錯誤し、ついに彼女の杖に魔法を唱えることに成功した。それは彼らが夕食に行かなければならない直前でした。

"やったよ!"

「悪くないよ」と少年は言った。すると彼女は彼の声が近づいてくるのが聞こえ、彼の足音がますますきつく反響して響くのが聞こえた。 「ギプスはまだかなり弱いですが…」彼女は、彼が杖の前に手を置き、脈拍の強さを自分で判断しているのがわかりました。

「とても奇妙な感覚です…杖を通して私の手の中にあなたの手の形を感じることができますが、それは…」

「ちょっとぼやけてますね?」彼は微笑みました。

「そう、まるで……まるで霧の中にいるかのように」

「そうですね、私は霧を見たことはありません」とオミニスは笑いました。「でも、あなたの言葉を信じます。」

彼らは一緒に夕食に行きました、そして今度は彼女は自分の杖を前に持って一人で歩きました。彼女は、湖面の輪が互いに出会うように、オミニス自身のエコーロケーションの呪文を感じることができて微笑んだ。

「この魔法で人の特徴を感じられる?」彼らが大広間に入るとき、彼女は静かに尋ねた。

「特にないです…サイズおそらく誰かのことかもしれないが、その人がどのような外見をしているかを伝えるほど細かいことではない。」

「たとえば、セバスチャンとギャレスの違いが分かりますか?」

「当然だ」と彼は笑った。 「ギャレスは有毒ガスの匂いがする。セバスチャンはコンフリンゴの匂いがするよ。」

その夕食は依然としてソースの飛沫とこぼれたカボチャジュースで汚れていましたが、週が進むにつれてそれぞれの食事は楽になりました。彼女のエコーロケーション呪文も同様に強力になりました。彼女はホグワーツの廊下を走り抜けるほど自信があったわけではありませんでしたが、聴覚が周囲のすべての動きを聞き取るのがうまくなったので、人との出会いを避けることが容易になり、ぶつかることも避けられるようになりました。

授業への参加も楽になりました。彼女はすぐに自分でメモを取る方法を学びましたが、メモを読む機会がいつ得られるかはわかりませんでした。オミニスは彼女に、インク壺を持ち、指を使って羽根ペンを正確にインク壺に浸すという巧妙なトリックを教えてくれました。インクが十分にとれたかどうかを判断するには、まず指でインクをテストし、ペン先が濡れているかどうかを確認しました。

「自分で書く羽ペンはいらないって本当ですか?」彼は尋ねた。

「欲しいです」と彼女は言いましたが、まずは自分でやってみたいと思っています。

オミニスは微笑んだ。 「そして羊皮紙も記録しておいてください。中断した場所のプレースホルダーとして何かを見つけます。すでに書いたことの上に書きたくないのです。」

彼の指導により、彼女は片手で羊皮紙を持ち、最後の線に指を立て、もう片方の手でインクつぼをすくってから羽根ペンに浸すという、かなり単純なやり方を習得した。

2週目に入っても彼女がまだ苦手だったのは、呪文の詠唱だった。

「どうやって…ただ…どうやって?」特に面倒な変身の授業中、彼女はシューッという音を立てて杖を上下に叩きつけた。

彼女はかすかな笑い声を聞いて、それがオミニスであることに気づきました。 「お困りですか?」

「これをどのように変えると期待されますかくそったれフェレットが羽毛ダスターに入るとき、くそったれ事態は動き続ける!?」

オミニスはすぐにその呪文を習得した、と彼女は思った。彼の側から動物の鳴き声はもう聞こえなかったからだ。満足した生徒たちの声とフェレットのトリルの混合音から判断すると、クラスの約半分が終了していました。

彼女は横から暖かさが近づいてくるのを感じた。オミニスは彼女の手首をそっと掴んだ。

「ここで、位置の呪文を維持し、手首から変容の呪文の動作を実行してください。」と彼は言いました。

彼女は何度か試してみたが、常に彼の手が彼女の手首に回っていた。

「動物の居場所にも注意してください。逃げてしまった場合に備えて、見失わないようにしてください。」

彼女は歯を食いしばり、眉をひそめ、もう諦めようとしていたが、オミニスの助けで、授業が終わる直前にようやくそれを成し遂げることができた。

「まったく迷惑だ」と彼女はため息をつき、杖を机に落とし、汗ばんだ手のひらをローブで拭きました。 「ありがとう、オミニス」彼女はつぶやいた。 「あなたなしでは私はそれができなかったと思います...」

「そうかもしれないよ」と彼女は彼の笑顔を聞いた。 「もっと時間がかかったでしょうね。」

彼女の神経を落ち着かせるために、少年は湖の周りを散歩しに行くことを提案しました。

彼らは日が沈むまで歩き続けました。周囲の空気が冷たくなり、夜になると夜鳥の声が大きくなり、他の生徒たちが城の中に行って敷地内が静まり返るにつれて、彼らはそれを感じました…

何も言わず、何も触れずに、ただ草むらに静かな足音だけを響かせながら、オミニスの隣を歩くのは奇妙な気分だった。湖の水はおそらく下の生き物かそよ風によってかき回され、怠惰な小さな波を立てて彼らの横の岸辺に打ち寄せた。片側に大きくて冷たい水域があり、反対側に温かい形のオミニスがあることがどれほど違うかを感じて、彼女の感覚に火がつきました。感じられるあらゆる細部を感じることができました。足元の濡れた土も、草も、枯れ葉も、乾いた枝も、それらすべてが独自の香りを持っていて、単なるイメージ以上に彼女の心を満たしていました。彼女は目が見えなくなってとても寂しかったですが、このようにして周囲のすべてのものとよりつながっていると感じたことは否定できませんでした…

彼女の手が伸びてオミニスの腕、つまり彼が杖を握っていた右の腕を掴んだ。尋ねるまでもなく、彼はもう片方の手に持ち替え、彼女の手のひらを握った。

"何か間違えている?"彼は尋ねましたが、彼の口調から、彼が心配していないことがわかりました。

「いいえ」と彼女は言った。 「あなたの手を感じたかっただけです。」

「まあ、そうだよ」と彼は笑った。 「ちょっとベタベタ…ごめんなさい。杖を長く持ちすぎるといつもそうなります。」

「私もです」と彼女は微笑んだ。

彼らの指は絡み合い、黒湖の縁をゆっくりと歩き続けました。ある考えが彼女の頭の中で渦巻き続け、彼女はそれを声に出すか、それとも自分の中に留めておくかで悩んだ。オミニスがそれを言えるかどうかは彼女には分からなかったが、しかし――

"何を考えているの?"

— もちろんできました。

"どうやって知ったの?"

「できると誓います聞くあなたは時々考えます。それはセバスチャンも同じだ」

彼女は笑ったが、何も言わなかった。

"それで?"彼はもう一度尋ねた。 "それは何ですか?"

彼女の手は彼の周りをわずかに締めた。 「あなたが見た目と同じように触っているように見えるのではないかと思っていました。顔とか、それも含めて……」

「ああ」彼は、面白さと緊張の間で揺れる口調で言った。'私を見て'手で?」

"私は出来ましたか?"彼女はこう尋ねた。まるで彼がこのすべてに対してどのように反応しているかをもっとよく察知できたかのように、顔をわずかに彼の方に向けた。

「私も同じことができればですが」とオミニスは引き締まった笑みを浮かべて言った。

彼らは敷地の許す限り湖の周りまで到達し、一つの大きな滑らかな岩の上に一緒に座った。その下では、静かで穏やかな水の音が聞こえ、遠くの森の中でフクロウの鳴き声が聞こえました。まるで彼女が地面から遠く離れ、あぐらをかいて空中に浮かんでいるかのようで、涼しい夜以外には何も周囲にないような気がした。

彼らは杖をポケットに押し込み、親指をいじりましたが、どちらも怖くて始めることができませんでした。

「そうね、あなたが尋ねたのよ」とオミニスは唇を長く噛み続けた後で言った。「だから、あなたが先に行きましょう。」

「分かった」と彼女はため息をつき、口を緊張した笑みに引き結んだ。

彼女はそっと手を前に差し出し、手が彼の胸に届いたとき、ほとんどびっくりした。彼の学生服は彼女のものによく似ていて、少し粗かったが、よく手入れされていた。彼女は上向きに彼の首に到達し、両手で彼の顎の滑らかなラインを感じるまですぐにそれをスキップしました。何の理由もなく、彼女は目を閉じた。そっちの方が平和な気がするかも知れませんが…

彼の顎は繊細で尖っていて、柔らかい角度で耳につながっていました。彼女の親指は内側に向かって、彼の高い頬骨、こめかみ、アーチ状の眉をなぞり、それから彼の目の上に繊細に浸しました。彼の目も同様に閉じていました。彼の長いまつ毛で指の表面をくすぐりながら、彼女は微笑んだ。

"良い?"オミニスは尋ねた。 「似ているところはありますか?」

「そう思います」と彼女は微笑んだ。 「あなたは感じたままに見えます。」

「あなたは奇妙に詩的ですね」と彼は笑った。

彼女の手は彼の顔の上をゆっくりと滑り、彼の少し長い鼻を囲み、そして柔らかく豊かな唇に落ちました。彼女はそれらを感じて息を呑み、これまで気づかなかった事柄に気づきました:それらがどれほど繊細で、どれほど明確で、そしてわずかに乾燥しているか…彼らが離れるのを感じたとき、彼女は再び彼の顎までなぞりました。

「はい、それはあなただと思います」と彼女は冗談を言った。彼女の笑い声が周囲の緊張した空気を満たした。彼女は指先に彼が微笑んでいるのを感じた。

「今度は私の番です」とオミニスは言った。

彼女が膝に手を握り締めて待っていると、少年が彼女の顔をすくい上げ、ゆっくりと両手を合わせてマスクのように彼女を覆い、彼女を驚かせた。

彼は彼女の顎から額まで触り、彼女の特徴をすべて部分的に触り始めた。彼は彼女の眉を上向きにかき上げ、目の形をなぞり、指を彼女の鼻から先端まで繊細になぞり、親指を彼女の唇に押し当てながら、もう一方の手で彼女の額から顎までの広い道を撫でた。彼女はとても感じました徹底的にこの後知られる…

彼らは手をつないで黙って城に戻った。そうするうちに、彼女は自分の中に、目には見えなかった…平和、もう気にしないという感情があることに気づきました。彼女は周囲のものすべての色、もちろん、光線、スリザリン寮の穏やかな輝き、満天の星空を恋しく思いましたが、彼女は恋しくはありませんでした。感じられる彼女にはもう何も欠けていたかのように。

失明してから 3 週間半後、彼女がぼんやりとした光の形を見るようになったとき、それはさらに衝撃的でした。彼女が彼にそう告げると、オミニスの痩せた顔に笑みが浮かんだ。視界が曇っていたにも関わらず、彼女にはそれが見えた。

彼女は依然としてエコーロケーションの呪文を使って移動し、朝食は楽になりましたが、形と色の混合が彼女の感覚を圧倒し、集中したいときに目を閉じることがよくありました。

彼女はコースの勉強に遅れをとっており、オミニスと一緒に点字を読む練習をしたことがなかったため、おそらくそれが最善だったのでしょう。彼女のメモはひどいものだったことが今ではわかり、指は今でもひどく汚れていた。

日が経つにつれて、彼女の視力は徐々に改善し、4週目の終わりまでに、彼女はほぼ正常に戻りました。彼女の目は涙を流し、すべての詳細を理解できませんでした。

「さあ、もういいよ、そんなことで泣く必要はないよ」とオミニスはぎこちなく笑いながら言った。彼らは、看護師が彼女の経過をチェックしていた病院棟への別の訪問から戻っていたところだった。

「泣いてないよ」と彼女は鼻を鳴らした。 「そもそも、どうやってそれがわかるのですか?」

「声が詰まって呼吸が乱れている以外のことを言いたいのですか?単なる幸運な推測です。」

「私はただ…感じすぎていると思います。」

オミニスは彼女の手を握った。 「わかっていますよ」と彼はにっこりと微笑みながら言った。 「私も寂しくなるよ。」

そして、彼女は彼が何を意味するのかを尋ねる必要はありませんでした。

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Gregorio Kreiger

Last Updated: 05/20/2023

Views: 5299

Rating: 4.7 / 5 (77 voted)

Reviews: 84% of readers found this page helpful

Author information

Name: Gregorio Kreiger

Birthday: 1994-12-18

Address: 89212 Tracey Ramp, Sunside, MT 08453-0951

Phone: +9014805370218

Job: Customer Designer

Hobby: Mountain biking, Orienteering, Hiking, Sewing, Backpacking, Mushroom hunting, Backpacking

Introduction: My name is Gregorio Kreiger, I am a tender, brainy, enthusiastic, combative, agreeable, gentle, gentle person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.